婚活パーティーでのプロフィールカードは成功させるためのとても大事なポイントの一つだと考えています。 このプロフィールカードの書き方で結果は大きく変わることもあると思います。

プロフィールカードの重要性

プロフィールカードは異性にあなたがどういった人なのか(表面上ですが)をわかってもらうために便利なものです。 そこに書かれている趣味や好きなタイプなどが合っていれば話も盛り上がると思いますし話も続くと思います。 婚活パーティーですから職業や年収、年齢も見ている方も多いと思います。 特に会話が苦手という方ならそれを元に話すことができますし楽だと思います。 一人一人そんなに長く話せるわけでもないですからポイントを簡単に相手につ貯めるのにとても便利です。

婚活パーティーによってプロフィールカードの項目が違う

婚活パーティー会社や種類によって項目が違ってきます。 大体似ていますが違うところもあります。 氏名、年齢、血液型、職業、住所、好きなタイプ、趣味、好きな有名人などがよくある項目ではないでしょうか。 年収や結婚について記入する欄があるものもあります。

プロフィールカードを書く時間をしっかり作る

たまにプロフィールカードが空欄だらけという方がいます。 本当にやる気がないんだなと思ってしまいます。 カジュアルで恋活に近いものなら良いのですが、本気度の高いもので空欄ばかりだとなんでって思いますね。 やる気がないという方もいますが、何を書いたら良いのかわからなくて書く時間がなかったという方も多いと思います。 実は私も初めて婚活パーティーに行った時は開始ギリギリにいって流れもわからずプロフィールカードを書く時間がなくほとんど空欄で参加しました。 ですから早めに会場に行ってプロフィールカードをしっかり書く時間を作ることが大事です。 パーティーがスタートしてしまったら書いている時間もほとんどないでしょうし、書いていたらどんどん進行してしまいます。 プロフィールカードは重要ですからしっかり早めに行って書く事が大事だと思います。

プロフィールカードの書き方のコツ、攻略

まずは早めに行ってしっかり書く事、そして、綺麗な字で書く事、このあたりは基本ですね。 氏名や年齢、職業は決まっていますから考えなくてよいですね。 迷う、困るのが趣味など書く事を考えないといけない項目です。 たとえば趣味ですが、ここで競馬とかギャンブルを書く人がいますが、それは書かない方がいいですね。 それだったらもっと女性が好きそうな好感が持てる趣味を書くべきです。 食べ歩きとか旅行とか映画とか読書とか他にもいろいろあると思います。 全く趣味ではなくて書くのは良くない(バレる)ですが、まだギャンブルよりもマシです。 たとえば趣味にお酒と書く事はダメとも言えません。 お酒が好きな人も多いですし、一緒に飲める人じゃないと嫌という人も結構いました。 だた、これも賭けになるのでやはり無難な方が良いと思います。 あとは趣味など一つではなく、いくつか書くのが良いと思います。 もし相手と同じ趣味があったら話は盛り上がると思います。 好きな有名人というところで美人を書くよりも女性ウケする、男性ウケする有名人を書くのが良いと思います。 私は美人な芸能人を書いて面食いと思われたことがありますし、ちょっと引く感じがあったのを覚えています。 こんな感じでプロフィールカードでマイナスになるようなことは極力書かない方が良いです。 俺はすごいんだぜとか私すごいでしょというのが満々に出ている書き方はしないほうが良いと思います。 まあ書いたほうが良いポイントもありますが、私の場合は謙虚にというのを考えて書いています。

プロフィールカード例

画像

詐称もいる

趣味など確定していないものはなんとも言えませんが、年齢や職業など詐称する人がいます。 特に年齢! 受付の時に身分証明を見せてプロフィールカードには嘘の年齢を書いていたという人が何人かいました。 あとからあれは嘘と言ってきました。 まあ趣味など知ったかで盛るというのは誰でもすることかなとは思いますが、完全に決まっていることを嘘をつくのはどうかなと思いますね。

まとめ

私も何度も婚活パーティーに参加してプロフィールカードは大事だなと思いましたね。 一人一人と話す時間も少ないですし、ある程度どういった人なのかがわかりますしね。 ただ、年収や職業などで判断されてしまう、そこを判断基準にして選ばれてもちょっとと思うところはありますね。 まあでも本気度の高い結婚を意識した婚活パーティーなら経済力も必要なので仕方ないとは思いますけどね。 それが嫌なら街コンや恋活パーティー、カジュアルなものに行くのも良いと思いますね。 なんにしてもプロフィールカードは大事なポイントの一つですからある程度しっかり書く事が大事です。