身分証明はなぜ必要なのか

婚活パーティーでは大体身分を証明するものが必要とされています。 なぜ必要かというと年齢や職業などを詐称して参加する人が出てくるからです。 それは会社の信用にも関わってくることなので提示しなければいけません。 証明するものがないと参加できません。 たとえば個人で開催している婚活パーティーなどは必要ない場合もありますが、企業でちゃんと行っているのであれば提示が必要でしょう。 公式HPなどに身分証明が必要などと書いていると思いますのでチェックしてみてください。

どういったものが身分証明になるのか

ではどういったものが身分証明になるのかというと、免許証や保険証、パスポート、住民基本台帳カードなど公的なものです。 ほとんどの方が免許証か保険証を提示すると思います。 いつ提示するのかというと大体受付の時に提示して確認するというのが一般的だと思います。 基本的には名前と年齢の確認がメインだと思います。

婚活パーティーの種類によっては他にも必要な場合がある

ほとんどの婚活パーティーは年齢や名前の確認が主で免許証や保険証で大丈夫なのですが、男性は医者、公務員、役員、○○資格者などという限定された婚活パーティーもあります。 そういった場合は資格証明書や社員証などの提示が必要になります。 これも職業偽装を防ぐためです。

身分を証明するものがない

日本でちゃんと生活している方で身分を証明するものがないという方はおそらくいないのではないでしょうか。 現在持っていない、どこへ行ったかわからないという方はいるとは思いますが、いろいろ確認してみるとか再発行などが良いと思います。 免許証を持っていない、保険を払っていない(払わなければいけませんが)、仕事をしていないという方がなかなか婚活パーティーにはいかないのかなと思います。 それでも行きたいという方はなんらかの証明できるものを作るということになると思います。

まとめ

主催者側からすれば当然、信用のために身分証明、特に年齢などは確認するのは当然ですね。 参加するこちら側も安心して参加できます。 ただ、身分証明は受付の時に確認するだけというものが多く、その後プロフィールカードやトークで嘘をつく人もいます。 私も結構嘘をつかれました。 あとから実は○○歳なんですって言われたことが結構あります。 まあ、一部ではありますけどね。